バンクーバーおれおれ日記


たこ焼き屋にでもなりまひょか
by green_dori
カテゴリ
全体
バンクーバー
友達
スノボ
料理
旅行
陶芸
結婚
Party!
ママになる!?
学校
ホームステイ
その他の生活
未分類
以前の記事
留学生たちのブログ
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
2つのBirthday
from Everything in ..
Extra! Extra!
from Everything in ..
インターナショナルキャッ..
from チェンマイ雑記帳
おめでとう! Green..
from 紐育日記
祝!結婚
from U.Kaye Present..
ママはやっぱりママだった。
from Everything in ..
寿オフ
from 別冊aradas☆japan
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

で…やっと

ウィスラーの話に入るわけだ!!

4日からsnowちゃんバンクーバー入り。

5日~7日まで2泊3日の予定。

5日の朝早くバンクーバー出発。しかしこの日からバンクーバーも雪(ーー;)

ウィスラーまでの山道はほとんど真っ暗。反射板もほとんどない。運転しづらいしづらい。

夜が明けてくると、天気もすっごいよくて景色もキレイ。う~んボード日和。

ってことで着いたのは9時半頃。

10時半くらいから滑り出し。この日はウィスラーマウンテンのみ。ちゃんとピークまで上がったし。
a0011537_942123.jpg

この日の雪質はまぁまぁ。「パウダーッ!!」とまではいかないけどそれほど悪くもない。しかし晴れてるから暑い暑い。完全防寒で登ったものの、途中で耐えられなくなりフリースを脱いだ。

それにしても…ここ最近の私の「ボードスタイル」といえば…

●朝早くから数本滑る 2~3時間
●早いお昼で休憩(食事とビール数杯) 約1時間半
●呑んだ後のいい感じでうへへ~いと滑る 約1時間半
●休憩(軽いおつまみとビール数杯) 約1時間
●気が乗れば滑る、乗らなければ終わり

ってな感じ。いわゆる「オヤジボード」。(ちまたでこう呼ぶかは定かでない)

一方snowちゃん。こちらは正統派まじめスキーヤー。こんな感じだし(
スピードもガンガン、アグレッシブ、アグレッシブ。
きちんと基本に忠実に、毎回自分でいろいろなことを確認しながら滑ってるらしい。

って…こんな2人が一緒に滑ったらいったいどうなるか?









答え。オヤジは死にます(チーン…なんまいだぁなんまいだぁ…)( ▽|||)

ってことで、強化合宿のような日々が始まる。

a0011537_955887.jpg
1日目、休憩お昼ごはんを食べるためにレストハウスに入ったのは午後2時。食べたのはこれ。ビーフチリビーンズ。
しかし…30分後にはすでにゲレンデへ。
午前10時半から午後4時半まで、ボロボロになるまで滑った。

2日目、雪。
ものすごい軽い大きなパウダーの雪がフワフワ落ちていた。
この写真でわかるかなぁ。雪の結晶、キレイに見えてたんだけど。
a0011537_963317.jpg

でも山の上は真っ白。この日はブラッコムに挑戦したんだけど上は真っ白でしかもガリガリのアイス。スケートリンクのような状態をまた滑ることになってしまった☆=>=>=>(+_+。) ガーン

お尻もまだ完全でないことと、そのお尻で絶対に転びたくないということで、変な力がいろんなところに入ってしまいヘトヘトに疲れてしまった。

ってことで…泣きのお昼休憩。

今回はたっぷり1時間ほど。C=(^◇^ ; ホッ!

しかし…もちろんそのあとはもちろん合宿ε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ

この日は朝9時半から夕方4時まで。

3日目。この日も雪。
この日の雪は小さい塊。たまに雪の結晶の形をしたものもあるけど、基本的にあられ状。
当たると痛いタイプのヤツね。

最後の日なので朝一番に行こう!(;´д`)トホホ ということになり8時には宿を出る。
9時前から滑り始めた。今日は再びウィスラーマウンテンへ。

やっぱり真っ白で見えなくて怖いので、ゴンドラの頂上から途中駅まで滑ってもう一度ゴンドラへ。

そこで日本人の男の子が話しかけてきた。

「昨日ブラッコムの頂上で恥ずかしい格好で写真撮ってませんでした?」

「あ…はい。」

ちょっと、声かけてくるときはもうちょっと違う話題で話しかけてこられないわけ?(○`ε´○)プンプン!!
とかちょっと思ったけど、事実なので仕方ない。
実は前日ブラッコムのゴンドラの頂上まで行ったとき、日本語を話せるカナダ人のカメラマンに2人とも「撮るのはタダだから」と乗せられ、ちょっとはじかしいポーズ(2人でうつ伏せに寝た状態で上体を起こしてる、みたいな…)で写真を撮られた。
結局その写真、見に行かずじまいでどんなのだったのか確認できなかったんだけど…。

結局その後、その彼と一緒に滑ることになり(彼はスキーヤー)もうすでに限界の来ていた私はそのまま1本だけ滑って「あとは若いもの同士で…」ということでレストハウスへ退散。
ぬくぬくとビールを呑んでまったりしていた。

お昼を食べた後、若い方たちはまた何本か滑りに行き、私は引き続きぬくぬく…(何しにきとんじゃヾ(- -;))

その後合流し、そこから下までのなが~い1本を滑って終わることに。

なぜかその彼も連れてバンクーバーへ帰ってきた。
[PR]

by green_dori | 2005-01-17 18:54 | スノボ
<< ちょっとまえらん 空から見たバンクーバー >>