バンクーバーおれおれ日記


たこ焼き屋にでもなりまひょか
by green_dori
カテゴリ
全体
バンクーバー
友達
スノボ
料理
旅行
陶芸
結婚
Party!
ママになる!?
学校
ホームステイ
その他の生活
未分類
以前の記事
留学生たちのブログ
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
2つのBirthday
from Everything in ..
Extra! Extra!
from Everything in ..
インターナショナルキャッ..
from チェンマイ雑記帳
おめでとう! Green..
from 紐育日記
祝!結婚
from U.Kaye Present..
ママはやっぱりママだった。
from Everything in ..
寿オフ
from 別冊aradas☆japan
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ゲートの中には…

a0011537_1550.jpgモニュメントチックに建てられたゲートの中には、“この扉が永遠に閉じられることがないように”と刻まれてある。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-26 15:06 | ホームステイ

USサイド

a0011537_15229.jpgこれがUSサイドから撮った写真。
手前にUS国旗がある。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-26 15:03 | ホームステイ

はしごパーティ

なんだかやっと落ち着いてブログが書ける。

昨日はいろいろあった1日だった。

予定では午前11時に家を出発し、ピース・アーチ州立公園にピクニックに行くことになっていた。ホストファザーのバースデーパーティをかねて。

まず朝からたいへん。
8時ごろルームメイトがドアをノック。“予定が変わって9時か9時半くらいに出発することになった”…なにぃ?
急いでシャワーを浴びて支度を整える。
実はこのパーティ、これで予定が変わるの、3回目。1回目は先週の金曜日から今週の金曜日、2回目は金曜日から土曜日、そして時間変更。
…いいかげんにしてよ、もう…。

と思いながらも朝食。
ルームメイトが作ったキムチチャーハン。これが今日の1食目。

そして車に乗り込み公園へ。
ウチのあるJoiceから公園までは1時間弱。着いたのは10時半くらい。
公園はそれほど広くないが、ところどころに大きな木がありテーブルがある。BBQができるスペースもある。
マザーが“とりあえずこれ食べなさい”と言ってやきそば(実際はそうじゃないと思うけど)を差し出す。それをみんなで食べた。2食目。

で、ボーダーの方を散策。
天気もよくて気持ちがいい。高台から眺めたボーダーのゲート。

a0011537_145458.jpg


奥に見える青いゲートがU.Sへのイミグレーション。
でも実は白いモニュメントチックなゲートがボーダーらしい。U.S側の写真もアップしようと思う。

公園を一回りして戻ってきたのが12時くらい。
戻るとホストファザーがBBQをしていた。鶏や牛の肉いっぱい。
で、食べる。3食目。

さすがにおなかいっぱい。
ということで、バトミントンをしたり海岸に行って遊んだり。
4時頃テーブルに戻ると、カニが用意されていた。
で、食べる。これがディナー。4食目。

その後片づけをして家路に向かう。
家に着くと、着替える間もないままホストペアレンツの友達宅へ行くという。
わけがわからぬまま、連れて行かれる。

そのうちはなぜかパーティ。
ちょっとヤな予感…。

的中。たくさんの人が来ていて、呑んだり食べたり歌ったり。
庭にタープを張って会場ができていた。
そこにはたくさんの食事が…。
で、食べる。本日5食目。

もう食べられない~、とうなりながら家へ。
さらに夜の9時半くらいに今度はカラオケパーティへ拉致られる…。
そのまま深い夜へ…。

そんなにいっぺんにしなくてもさぁ…。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-26 14:56 | ホームステイ

Doesn't work

さっき帰ってきた。

今日は金曜日で、しかもクラスが最終日。今週行ったテストで再度レベルわけが行われ、みんな違うクラスになってしまう可能性が高い。

ってことで飲み会。

ダウンタウンの店を2軒まわった。
で、帰ろうとした午後11時ちょっと前。

グランビル駅からスカイトレインに乗っていつもなら駅5つ、15分くらいで最寄の駅に到着する。

しかし…なぜかわからないが、ちょっと長いアナウンスのあとブロードウェイ駅で止まってしまった。みんながトレインを降りる。よくわからないが私も降りる。
なんだなんだ…とみんなこぞって駅にいる係員に尋ねる。どうやら、ここから先はスカイトレインは動かないらしいことがわかった。

“ってか、だからどうすればいいのよ?”

私はスカイトレインでしか自分の家に帰る術を知らない。
とりあえず、係員に“Joice駅に行きたいんだけどどうすればいいの?”と聞いたら、“ここからバスに乗れば行けるよ、○○番のバスにね。”という答えが返ってきた。
ブロードウェイ駅からジョイス駅までは約6分。いつ動くかわからないスカイトレインをちょっと待ったらいいのか、他の手段で帰るのか、少し迷ったが、バスに乗ることにした。

案の定、スカイトレインで“いつ動くかはわかりません”というようなアナウンスが流れていたのでバス停には人がいっぱい。さらにいくつかバス停があるので、どれが私の目的地に行くかはわからない。
なんとなくこっちかなと思った通りで待っていると1台のバス到着。人々はこぞって乗る。私は“これジョイスに行きますか?”と聞いた。ずっと聞かれ続けているからかどうか運転手は“Go ahead”と言うばかり。ほんとにつくんだろうか?
半信半疑ながらもとりあえずバスのところまで行ってみた。

とここまで書いて力尽きていつの間にかしらぬまに送信してしまった(汗…不覚。
削除できないので続きは今日ピクニックから帰ってきてから…。

ということでつづき。

わけがわからずVictoria行きのバスに乗った。
何度か友達の車に乗せてもらって家の近くの道は走ったことがあるので覚えているのだが、ぜんぜん見覚えのないところを通ってる…。
運転手さんに“Joice駅に行きたいんだけど…”と言ったら、“この先で降りてバスを乗り換えれば行けるよ”という答え。
その通りに降りると、もう1人、同じところで降りた男の子がいた。
どうやら同じ境遇らしい。で“どこに行くの?どこで乗り換えるの?”と聞いてきたので“私も知らないんだけど…こっちの方みたい”ということで一緒に移動。
彼はJoiceの1つ前の29th.Ave.に行きたいらしい。移動したバス停の行き先は1つ、“Joice Station”のみ。あ、これに乗れば帰れる!と私はほっと一息。
そして彼に“Joice駅から29thAve.行きのバスが出てるはずだから”と話しながら待っているとバス到着。
バスがJoice駅に向かって走っていると…無情にも29thAve.行きのバスとすれ違う。…あ!…(絶句)
駅について彼は運転手さんにしきりに聞いていた。私は降りて待っていた。
彼が降りてきて“大丈夫みたい”と言ったので、持っていたおせんべいを渡し、“Good Luck”と言って別れた。

結局家に着いたのは12時過ぎ。
も~、勘弁してよ、って感じ。

それにしても…昨日間違って送信してしまったブログの最後は、さながらダイイングメッセージ(っていうよね?)のようだったなぁ…(汗
[PR]

# by green_dori | 2004-04-24 17:27 | バンクーバー

おしりのきもち

カナダに来て日本と違うものにびっくりしたことは結構ある。

その中のひとつ、トイレ。(お食事中の方すみません)

まずこっちに来てビックリしたのが個室の形。
海外旅行によく行く人には“そんなの知ってるよ”と言われそうだが、なんせ海外旅行に行ったのももはや10年以上前。そのときに見たかもしれないが、そんなことはすっかり忘れていた。
ドアも仕切りも床にはついていない。外からも隣からも足は見える感じ。な~んかこれって想像しちゃってやな感じ…。

ま、話はそのことではない。
便座の形はもちろん洋式(あたりまえだっつーの)なのだが、こっちに来てから1ヶ月あまり、ウォシュレットはおろか、便座あったかシステムすら出会ったことがない。
学校や公共の場所のトイレにそれがないのは理解できる。
しかし…ホストファミリーの家にさえないのだ。
あれって日本だけのもの?

そういえばタイトルも日本のメーカーのパクリのような気がしてきた。(気じゃない)

東京に住んでるときトイレが自慢だった。
新築のマンションだったので、最新型(兵器のようだ)で便座の前に立つと自動的にフタが空く。もちろん便座は暖かく、ウォシュレットがムーブまでする。
用を足して立ち上がると自動的に水が流れる。
ものすご~く快適。
友達が遊びに来るとこぞってトイレに駆け込み“うぉ~”“すげ~”などと歓喜の声をあげていた。
話題的には“誰が便座の前に立ったときにフタと便座があがるか?”が一番人気だった。(意味ないな~)

で、こっち。
住んでる家は別にびんぼーというわけでもなさそうだ。ごく普通。
ウォシュレットがないのはまぁ普通に考えて仕方がない。
便座あったかシステムも、電源取るの難しいかもしれないもんねぇ…ということでなんとか許そう。
しか~し!
だったらさぁ、便座カバーくらいつけようよ、フタのカバーだけじゃなく。

ということで、今日もおしりは泣いている…。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-22 18:51 | バンクーバー

花の名前は…

a0011537_165119.jpg今日朝は雨だった。

昨日4時までいろいろやっていて寝不足。さらに雨でテンション落ち込み。
ちょっと気分を変えて…と思っていつもと違う道を通って学校に行く途中かわいい花を発見。

夕方くらいから晴れてきた。
で、帰り道撮った写真。

日本では見たことない。

こういう花の名前とかが知りたい場合ってどうすればいいんだろう?

植物図鑑がない場合、見た目と照合ができない。種類も名前も似たような花も知らないとまったく検索できない…。

ということで、見て撮って愛でるだけ。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-21 16:52 | バンクーバー

はっぴぃこりあん

私は今ホームステイでホストファミリーの家に住んでいる。

そこには私を含めて4人の留学生が生活している。ホストペアレンツには子供もいなくて動物も飼っていない。
ちなみに留学生は女の子(うーん、そこに私を含めていいものか…)しか取らないらしい。

ということでルームメイトが3人。
私が日本人で(改めて書くこともないが)他の3人すべて韓国人。名前は“Julie”、“Sunny”、“Betty”。
こっちに来て初めて知ったのだが、どうやら韓国人はかなりの確率でイングリッシュネームを持っているらしい。他の国の人たちには発音しにくいからだそうだ。
日本人の名前だってじゅうぶん発音しにくいと思うが。

しかしどうやってその名前を決めるのか。

ここに住んで1ヶ月経つのだが、来てからしばらくはその疑問を聞けないでいた。が、つい最近、1人が入れ替わって(韓国人→韓国人)ようやくその疑問が晴れることになった。

ちなみに今回来た新しい娘(なんか、この書き方いかがわしい?)は、バンクーバーに来たばかりだという。するとおもむろにホストマザーが、“じゃあ、名前決めなくちゃね”といい、ダイニングにあった電気鍋の箱を見つめ“Bettyがいいんじゃない?”と一言。ちなみにその名前は電気鍋のメーカー。

…え?そんな決め方って…。自分だったらどうだろう?
これから呼ばれる名前が電気鍋と同じ…う~ん、明るく過ごしていけるだろうか?

とちょっとうろたえていると、Sunnyが“私なんて冷蔵庫開けて入ってたジュースの名前なのよ”と追い打ちをかけた。

そっかぁ、みんなそうだったんだぁ。
韓国人って心広いなぁ。

バンクーバーの韓国人の幸せを願わずにはいられない。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-20 19:41 | ホームステイ

おっちゃん味のアイス

最近ホストマザーとルームメイトでウォーキングをやっている。

夕食を19時前にすませ毎日(たまにサボる)30分後に出かける。
近所の公園(サッカー場、バスケットコート、ブランコなどの遊戯エリア)がいい感じの広さなのでそこを5Lapすることにしている。

サマータイムになったとはいえ、まだ最低気温が10度以上にはならない。
ウォーキングに出かけるにも長袖Tシャツだけではちょっと寒い。(たぶんこっちの人はそう思っていないと思うが)

そこへ軽快な音楽を鳴らして登場!が以下の車。
a0011537_161616.jpg


“アイスクリーム!”ルームメイトが歓喜の声をあげる。
公園のあたりは住宅地なので、そのあたりをぐるぐる回っているらしい。
そのたびに音楽が近くなったり遠くなったり。何の曲かはよくわからなかった。ちょっとオルゴールチックな音色かなぁ。少なくともオーケストラのようではない。

その昔、実家のほう(群馬県高崎市)で同じようにアイスクリームを売っている車が回っていたことがある。そのときは同じような音楽と“おいしいおいしいアイスクリームはいかが”チックなアナウンスとともに、ピンク色の車を結構な歳のおっちゃんが乗り回していた。今はあるのかなぁ?

この車も運転するのはやっぱりおっちゃん。しかも近づいてきたので写真を撮ろうとカメラを向けると停止してくれた。ごめん、おっちゃん。お金持ってないから買えないんだけど…。
ぱっと見メニューとかもないから、そんなに種類があるわけじゃないんだろうなぁって感じ。今回は買えなかったので報告は次回。

次の日、学校の帰り最寄の駅を降りるとまたあの音色が…。
今日は映画のスティングのテーマ。
次は…ゴッドファーザーとかがいいなぁ。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-19 16:17 | バンクーバー

ヨロコビの木

a0011537_43217.jpg最近1日の中で天気がめまぐるしく変わる日が続いている。

何日か前プレゼンの準備で図書館のあたりをウロウロしてたときに、ちょうど晴れて気持ちよさそうに揺れているこのひとを発見。
幸せそうなこのひとととアンバランスな右下の大砲の模型。

yukunさんなら…すぐに場所がわかっちゃいそうですが。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-19 04:33 | バンクーバー

再演す?

a0011537_164736.jpg呑みまでの時間をつぶすため、以前から気になっていたサイエンスワールドに行ってみた。

入場料はC$13.75(だったと思う)でちょっと高め。
もともと博物館とか科学館とかその類いはかなり好き。気に入ったところはリピートする。子供向けのところは甥っ子をダシに連れていく。そんな感じ。

入場料を払うエントランスの前に設置されていた、“ボールがいろんなところを回って落ちるカラクリ的なもの”(正式名称を日本語でも知らない)に地元の子供と同様に釘付け。きっと15分以上はそこでボールの行方を見守っていたのではないかと思う。口を半開きにしたまま。ほんとにこういうものを作れる人は夢と創造性を持った人なんだなぁと改めて思う。

中にはトルネードができるマシン、弦がないのにセンサーで弾けるハープ、人体臓器模型…など、興味深いものがたくさん!ちょっと高かったけど結構楽しかった。特に人体臓器模型は自分で買おうと思っていたもので、また欲しい気持ちが再燃してしまった。

もうちょっと入場料が安いor地元割引がある、とかなら通っちゃうんだけど。
[PR]

# by green_dori | 2004-04-18 16:48 | バンクーバー